インプラント治療

インプラント治療の流れ

Step1 カウンセリング
まず初診時に、現在のお口の中の状態やインプラントの概要についてご説明し、患者様のご要望や疑問などを伺います。
Step2 検査

Step2 検査

インプラント治療の前提として必要な検査を行います。 具体的には、基本的な口腔内診査、レントゲン写真 撮影、口腔内写真撮影、歯型採取などを行います。

Step3 治療計画
検査結果をもとに治療計画を立て、治療の流れ、治療期間、治療費用などを患者様にご説明します。
Step4 前処置

インプラント治療を行うにあたり、必要な処置を行います。

  • 保存不可能な歯がある場合は抜歯
  • 歯周病がある場合はその治療
  • 虫歯がある場合はその治療
  • 仮歯の作製(最終的な人工歯が装着できるまで使用します)
Step5 クリーニング

Step5 クリーニング

手術後の感染を予防するため、手術前に口腔内の クリーニングを行います。

Step6 一次手術
顎の骨にインプラントを埋め込み、歯肉を閉じて縫い合わせます。
Step7 治癒期間
インプラントが顎の骨としっかり結合するまで、治癒期間を設けます(期間は個人差があります)。この間は必要に応じて仮歯を使いますので、日常生活に支障はありません。
Step8 二次手術
インプラントのヘッド部分を露出させ、人工歯を装着できる状態にします。
Step9 人工歯の作製と装着
お口の中の型を採り人工 歯を作製したら、インプラントに人工歯を装着します。
Step10 メインテナンス
インプラントを長持ちさせるには日頃のメインテナンスが重要です。毎日のブラッシングで、お口の中を清潔に保つように心がけましょう。半年~1年に1回程度、定期検診でインプラントの状態を確認します。

当院で採用するアストラテック・インプラント

アストラテック・インプラントとは?

アストラテック・インプラントとは?

アストラテック・インプラントはスウェーデンのアストラテック社によって開発された最新のインプラントです。生体親和性に優れ、長期間安定して使用できる素材である純チタンを用いています。現在、その安定性は世界中で高い評価を得ています。

アストラテック・インプラントの特徴

当院ではアストラテック・インプラントを採用しています。このインプラントの特徴は、下記の3点にあります。

マイクロスレッド(TM)

マイクロスレッド(TM)

マイクロスレッド(TM)とは、「細かい溝」という意味で、 インプラント上部の微小ネジ構造のことです。インプラ ントを埋入したとき、皮質骨(硬い骨)の部分にマイク ロスレッドがちょうど噛み合い、初期固定が得られや すいのが特徴です。

タイオブラスト(R)

タイオブラスト(R)

タイオブラスト(R)とは、インプラントの表面加工処理の ことで、しっかりと顎の骨を結合する(オッセオインテグ レーション)ように加工されており、早期固定と強度ア ップを実現しています。

コニカルシールデザイン(TM) 

コニカルシールデザイン(TM)

コニカルシールデザイン(TM)とは、インプラントとア バットメント(インプラントと人工歯の連結部分)の接 合部の円錐形のデザインのこと。
アバットメントが斜 めの斜面でインプラントの中(インターナル)に固定さ れるデザインで、隙間のない連結を可能にします。