予防歯科

歯医者は歯が痛くなったら初めて行くものだと考えていませんか?

予防歯科虫歯は初期の段階では痛みを感じることはほとんどありませんし、歯周病も歯がぐらつきだしたり歯並びが悪化してくるまでまったく気づかない事が多く、痛くなったり歯が揺れるなどの症状を感じて歯科医院に行くと、予想以上に重症で治療が長期化するという事はよくあります。
そうしたことにならないためにも、しっかりと定期的な検診を受けながら健康なお口の状態を維持していく事が重要で、それが出来るのが予防歯科です。
まだ症状が出る前の段階で処置を行えば、比較的簡単な処置だけで済むことが多く、簡単な処置であるほど再治療のリスクは下げる事が出来ます。
当院では治療終了後も定期的なメンテナンスを受けられることをおすすめし、患者様の負担が一生涯を通して少なくなるように努めております。

定期検診の重要性

定期検診の重要性当院では、治療終了後も定期検診を受診される事を勧めております。
やっと治療が終わったのにまた来なければならないのかと面倒に思われる方もいらっしゃるかと思いますが、治療した歯を健康な状態で長く保つため、また自身の歯を長い間健康に保つためにも定期検診はとても重要なポイントになります。
毎日の歯磨きといった自宅での日々のケアが大切なのは言うまでもないですが、定期検診では下記の項目をチェックします。

  • 虫歯有無のチェック
  • 磨き残しのチェックとブラッシング指導
  • 歯周病検査
  • 義歯のチェック
  • 歯石除去
  • 噛みあわせの確認
    (必要に応じてレントゲン診査も)

定期検診で万が一新しい問題が見つかった場合、放置して自覚症状が出てきてから発覚するよりはるかに簡単に治療が済みますし、そういった問題が見つからなかった場合にも歯石除去や着色除去は必ず行います。
こうしたケアが歯周病を予防し、自身の歯を長く健康に保つことにつながっていくのです。

ポイント1 悪くなってから治療をするという繰り返しでは歯を長く残す事は出来ない

統計的にも、若いうちから定期検診を受けていると将来多くの歯を残すことが出来るという事が明らかになっています。

ポイント2 歯を失ってしまう原因は虫歯だけではない

40歳以上の方で、歯を失う事になってしまった場合の主な原因はいつは虫歯ではなく歯周病なのです。

ポイント3 歯石を取るだけで歯科医院に行っていいの?

「歯医者は虫歯がなくては行ってはいけない」と思っている方も多いようですが歯石は歯周病にかかる主な原因であり、また歯石は歯磨きだけでは取れません。
専門の機械を使って歯石を除去致しますので、ぜひ私達にお任せ下さい。

PMTC

PMTCPMTCはプロのスタッフが専門の器械とフッ素入り研磨ジェルを使い行う歯面清掃のことを言います。
歯の表面にはバイオフィルムといって歯磨きだけでは取りきることが出来ない細菌の粘膜がつきます。
そしてそのバイオフィルムが虫歯や歯周病を悪化させる原因になるのです。
専用の器具、薬剤を使って歯面や歯周ポケット内も磨き、汚れを綺麗に除去していきます。

PMTCの効果
  • 虫歯予防
  • 歯周病予防、改善
  • 歯質強化
  • 審美性の向上

TBI(ブラッシング指導)

ブラッシング指導当院では、歯科治療の初期段階でブラッシング指導も行っております。
TBIとは「トゥース・ブラッシング・インストラクション」の略で、歯科衛生士などによる歯磨き指導のことを言います。
ご自宅での毎日の歯磨きは、虫歯や歯周病を予防するためにも非常に大切な要素です。
歯茎からすぐに出血するような状態では、虫歯治療や被せ物治療も精度が悪くなってしまいます。
正しい歯磨きを覚えて、プラーク(歯垢)を溜めることなく清潔な状態を保っていきましょう。

0366666480 web予約へのリンクボタン
一番上に戻る
一番上に戻る
web予約 電話