歯周病・予防歯科

予防歯科の大切さ

予防歯科の大切さ

歯が痛くなったら歯医者に行き、虫歯を削る。その度に痛い思いを
して、歯医者は痛くて怖い場所だというイメージができあがってしまいます。そんなイメージのせいで、再び虫歯になったとき歯医者に行くのが遅れがちになります。遅れれば遅れるほど虫歯は進行してしまい、前よりも治療は長く困難になってしまうのです。

そんな悪循環に陥る前に、3、4ヶ月に1回定期検診を受けましょう。検診で仮に虫歯が見つかったとしても、初期症状ならば削ったり、麻酔をしたりといった痛みをともなう治療をすることなく処置できます。歯の健康を維持するため最も大切なことは「予防」であるということを、どうか覚えておいてください。

予防歯科治療

定期検診

虫歯は一度治療すれば済むように思われますが、それは一時的な解決に過ぎません。大切なのは治療後のケアによって健康な状態を維持すること。そのためには定期検診を受けて口内環境をチェックし、虫歯や歯周病の早期発見に努めることが最善の策なのです。

PMTC

PMTC

PMTCとはプロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニングの略称で、歯科医師や歯科衛生士による専門の器具を用いた歯のクリーニングのことです。毎日のブラッシングでキレイに磨いているつもりでも、どうしても限界がありプラークが溜まってしまいます。このプラークを取り除くために、専門の器具を用いて徹底的に研磨・清掃します。定期的にPMTCを受け、虫歯や歯周病の予防に努めましょう。

フッ素塗布

歯の表面は人体の中で最も固いエナメル質で覆われていますが、虫歯になるとエナメル質は溶けてしまいます。歯にフッ素を塗布することにより、エナメル質のハイドロキシアパタイトという物質が虫歯に強く溶けにくいフルオロアパタイトという物質に変わるのです。フッ素塗布は、特に乳歯や生えたての永久歯の虫歯予防に効果的です。

TBI

TBI

TBIとはティース・ブラッシング・インストラクションの略称で、ブラッシング指導のことです。ブラッシング方法は患者様1人ひとりの歯の位置や歯並びなどによって使い分ける必要があり、特にお子様のブラッシング指導は重要です。生涯にわたって歯の健康を維持するためには、子供の頃に正しいブラッシング方法を身に付け、習慣付ける必要があります。正しいケアで虫歯や歯周病にならない強い歯をつくりましょう。