小児歯科

小児歯科

小児歯科子供の歯は時期がくれば永久歯へと生え変わるため、親御さんの中には虫歯のままでも大丈夫と考えていらっしゃる方が多くいらっしゃいますが、子供の虫歯というのは実は将来のお口の健康に大変大きな影響を与えます。
子供の歯が健康であるかないか、正しく治療がなされているのかいないのかで、将来の永久歯の歯並びや成長期における身体の発育にまで大きく影響を及ぼします。
近年では、お子様の永久歯が先天的に欠損しているというケースが多く見られるようになってきました。
そうしたケースでは、本来生え変わるはずの永久歯に生え変わらず、ずっとその歯を使い続けていくことになります。
そのため、永久歯の卵(歯胚)が確認出来るまで、しっかりとケアし、子供の歯が虫歯にならないように注意していく必要があります。

シーラント

シーラントとは虫歯予防法の一つで、特に虫歯にかかりやすい奥歯の溝をフッ素含有保護材であらかじめ埋めてしまうというものです。
成熟していない永久歯や、石灰化度が低く虫歯になりやすい子供の歯、特に6歳臼歯で有効な方法です。
シーラントは歯の溝を埋め虫歯から守る方法なので、歯と歯の隣接面を保護するような事は出来ません。
日々の歯磨き、フロス、おやつなどの食べ物、歯科医院での定期的な高濃度フッ素塗布と合わせて行う予防法になります。
こういった適切な予防処置を行う事で、虫歯の実に80%以上は予防可能と言われております。

またシーラントは時間経過とともに剥がれてくる部分が出てくる可能性がありますので、定期検診できちんとチェックしてもらい、必要があれば再度充填するということをおすすめしております。

フッ素塗布

歯のエナメル層は、フッ素を取り込む事でより硬くなり、虫歯に対しての抵抗力が高まるうえ、虫歯の原因菌によって生み出される酸の生成を抑えるといった働きもあります。
フッ素を取り込むにはホームケアで日常的に行う方法と、歯科医院で行う方法があります。

ホームケア

ホームケア自宅でのケアによってフッ素を取り込むには、ジェルやスプレーといったものからうがいするタイプのものなど様々なタイプがあります。
細菌は小児用歯磨剤はほとんどフッ素が含まれているのでホームケアにおいて積極的に使用する事をすすめております。

0366666480 web予約へのリンクボタン
一番上に戻る
一番上に戻る
web予約 電話