矯正歯科

矯正歯科について

矯正歯科について矯正治療と聞くと、高額な治療費、長い治療期間、目立つ矯正器具をはめなければいけない、痛い、歯を抜く、などのネガティブなイメージをお持ちの方が多いかと思いますが決してそんな事はありません。
当院では、患者様の歯の状態や、ご希望に応じて、またライフスタイルも加味しながら最適な治療方法をご提案させて頂きます。

悪い噛みあわせ・歯並びのデメリット

  • 歯が磨きにくく、虫歯や歯周病などにかかりやすくなってしまう。
  • 上下の顎の発達に影響するうえ顔の成長にも影響する。不調和をもたらす。
  • 正しく発音しにくくなる。
  • よく噛めないことが原因で胃腸に負担がかかる。
  • 人前で笑えないなど、心理的な問題を抱えてしまう事もある。

矯正歯科後のメリット

  1. 食べ物をしっかりと噛む事が出来るようになるため、胃腸の負担が少なくなり消化もよくなる。
  2. 口元が整うため、表情も明るくなり自信が生まれる。
  3. 虫歯、歯周病等のリスクが大幅に減る。

噛みあわせの悪さ(不正咬合)による影響

歯の咬みあわせが悪い(不正咬合または異常咬合といいます)と見かけが悪くなるだけでなく、健康状態への影響も出てきます。何か物を食べた時に噛みづらさを感じたり、発音しにくいなどの問題は不正咬合や異常咬合が原因であるケースがほとんどです。
不正咬合は、次のような影響を与えます。

食べ物が噛みにくい(噛む力の低下)

不正咬合や異常咬合により咀嚼力が慢性的に低下してしまうと、唾液分泌量が減り、必然的に消化吸収が阻害され身体の健康に影響を与えてしまいます。

虫歯・歯周病になりやすい

歯磨きが充分に出来ないため歯垢(プラーク)が溜まりやすい状態になり虫歯や歯周病になるリスクが高まります。しっかり噛めないことによって唾液分泌が減り、歯はどんどん汚れやすい状態に置かれています。

発音が不明瞭に

噛み合わせの悪さにより舌の動きが阻害されたり空気がもれやすくなったりするため、さ行、た行、ら行など発音しにくくなる可能性があります。

身体の不調を引き起こす可能性(顎関節症)

身体の不調を引き起こす可能性「顎の関節が鳴る」「顎が痛む」「口を開けにくい」等々、顎の関節に異常が生じる症状を顎関節症と総称します。噛みあわせが悪いと、この顎関節症にかかりやすくなり、顎関節症以外にも顎に不適切な力がかかり続けることで肩こりや頭痛の原因になると言われています。

矯正歯科治療を始める最適な時期

近年では20代から30代の女性が歯列矯正を受けられるケースが増加しています。歯列矯正は子供のうちでなければ出来ないといったイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんがまったくの誤解です。むしろ成人のほうが、ご自身の意思で治療を開始する分、よりよい治療結果を得られる事が多いです。

ワイヤー矯正

ホワイトワイヤー

当院では、メタルブラケットによる矯正歯科治療の他にも、ホワイトコーティングワイヤーも導入しております。
ホワイトコーティングワイヤーは自然な歯の色に近い白色をコーティングしてあるワイヤーです。
従来の矯正歯科治療と同じく様々な歯並びの患者様に対して対応可能です。

セラミックブラケット

セラミックブラケットは高い透明度が特徴で、ホワイトコーティングワイヤーと合わせることによって目立ちにくい矯正治療が可能です。
マウスピース矯正よりも幅広い症例に対応でき、かつ治療期間もマウスピース矯正より短くて済みます。

0366666480 web予約へのリンクボタン
一番上に戻る
一番上に戻る
web予約 電話