入れ歯・義歯

入れ歯治療

入れ歯治療「人と話している時に入れ歯が落ちてくる」
「痛くてちゃんと噛むことができない」
「見た目があまり良くない」
入れ歯に関しては様々な悩みをお持ちの方がいらっしゃると思います。
当院では、患者様それぞれに最適な入れ歯を作製出来るよう、詳しいヒアリングから始め、型取りの際においてもコミュニケーションをしっかり取りながら完成までの工程を進めていきます。
また、患者様が入れ歯をご使用された時に、お悩みが解消されなければいけませんので質、精度の高さにはこだわりを持って入れ歯を作製しております。
お悩みの方はお気軽にご相談下さい。

総入れ歯

無歯顎(歯が一本もない状態)ですと、咀嚼、発音、審美といった部分でお悩みの方が多いのではないかと思います。

保険と、自費での総入れ歯の違い

保険適用の入れ歯

保険適用ですと使用出来る材料が限られます。
基本的には全てプラスチックになるので、強度上相応の厚みが必要であり、口内で熱が伝わりにくい、話しにくい、口の中で違和感を感じるといった問題に繋がってきます。
物を噛む時は全て歯茎の粘膜で力を負担することになります。

自費の総入れ歯

自費の総入れ歯自由診療のため使用する材料やデザインまで様々なものから適したものを選ぶ事が出来るようになります。
素材によって違いはありますが、審美的にも優れ、自然な装着感を得る事が出来、快適に使用して頂く事が出来ます。
保険診療ではないのでインプラントと組み合わせることで小さくて安定した入れ歯を作製する事も可能です。

部分入れ歯

部分入れ歯何かしらの理由で歯、または歯を支える骨が失われてしまった場合、その部分を補う方法の一つが部分入れ歯です。
歯茎の粘膜や、残存歯に支えてもらい噛む機能を回復します。
総入れ歯とは違い、残存歯に金属の金具をかけるという設計になります。

保険と自費の部分入れ歯の違い

保険適用の入れ歯

保険適用の場合、治療に使用出来る材料が限られてきてしまいます。
基本的には残存歯に引っ掛ける金具とプラスチックになるので、強度上厚みが必要で、口の中で熱が伝わりづらい、話しづらい、違和感を感じるなどの問題の他、金具が見えてしまう位置に設定される場合があるという外見上の問題もあります。

自費の入れ歯

自由診療のため使用する材料やデザインまで様々なものから適したものを選ぶ事が出来るようになります。
素材によって違いはありますが、審美的にも優れ、自然な装着感を得る事が出来、快適に使用して頂く事が出来ます。
また、使用する金具を外見上見えにくい位置に設定する事も可能になります。

ブリッジと入れ歯とインプラントの比較

インプラント

メリット
  • 違和感をほとんど感じない。
  • 残っている自分の歯を削らず負担をかけない。
  • 顎骨に固定されるためしっかりと噛むことができる。
デメリット
  • 保険適用外のため費用がかかる。
  • 治療には外科処置を伴うため、重度の糖尿病や全身疾患をお持ちの患者様は適応出来ない場合がある。
  • 治療期間が比較的長くなります。

義歯(入れ歯)

義歯(入れ歯)

メリット
  • 治療期間が比較的短くなります。
  • 保険適用での治療(金属床などは自費治療です)
  • 歯の削りは少しです。
デメリット
  • 大きさにもよりますが口内で異物感を感じやすい。
  • 取り外し式という構造上、天然歯と同じレベルでは噛めない。
  • 金属のバネを引っ掛ける歯に相応の負担がかかってしまう。
  • 審美的に問題がある。

ブリッジ

ブリッジ

メリット
  • 異物感はほとんど感じない。
  • 保険適用(セラミックなど白い歯にする場合は自費治療)
  • 固定性のため比較的しっかりと物を噛める。
デメリット
  • 土台とする自然歯を比較的多く削る必要がある。
  • 土台とする歯に大きな負担がかかってしまう。

ノンクラスプデンチャー(金属の見えない入れ歯)

従来の入れ歯

金属のバネが目立ってしまったり、口内での違和感、異物感を感じる。健康な自身の歯に負担をかけてしまう。

金具の見えない入れ歯

本来ある金属のバネがないので外見上もキレイです。
残っている歯に負担をかける事なく固定が可能なうえつけ心地も快適です。

自然な美しさ

自然な美しさ「ノンクラスプデンチャー」=金属の見えない入れ歯は、従来の部分入れ歯にある金属のバネがなく外見が自然でキレイという特徴があり、仮に大きく口を開けたとしても入れ歯だと分からないほどで、人と会話をする時に口元を気にしたりといった事がなくなります。
また、残存歯に金属のバネで固定する従来型の部分入れ歯とは違い、金属バネのないノンクラスプデンチャーでは、残存歯に負担をかける事なく入れ歯をしっかり固定する事が出来ます。
しっかり物を噛める状態に回復出来るうえ、残っている歯も健康なまま維持出来るのです。
入れ歯(義歯)自体、薄いうえに軽いので、口内で違和感を感じる事なくすっきりした仕上がりになります。つけ心地良く、食事や会話も何も気にせず楽しんで頂けます。
当院では「ノンクラスプデンチャー」=金属の見えない入れ歯(義歯)にも対応しておりますので、ご興味がある方はお気軽にご相談、ご来院下さい。

金属の見えない入れ歯はこんな方に最適です。
  • 保険義歯(入れ歯)の金属のバネが外見上目立ってしまう事や口内での違和感が気になる方
  • 健康な歯を削ったり、ブリッジや従来の入れ歯が嫌な方

金属床義歯

入れ歯・義歯の種類(材質の違い)について

レジン床義歯(保険適用)

歯肉に触れる部分をプラスチック素材で製作した入れ歯です。金属素材と比べると若干厚みがあるので、装着した時に口内で違和感を感じやすいかもしれません。また、プラスチックという素材の特性上落としてしまった時に割れてしまうことがありますが簡単に修復する事が可能です。

金属床義歯(自費診療)

金属床義歯歯肉に触れる部分を金属で作った入れ歯。金属部分にはゴールドチタン、コバルトなど色々な種類があります。プラスチックよりも薄く作る事が出来るため装着時の違和感というのはほとんど感じません。薄いのに強度はしっかりと確保され、落として割れてしまうということもありません。

0366666480 web予約へのリンクボタン
一番上に戻る
一番上に戻る
web予約 電話